課税対象外?自家消費-自分で育てて自分で食べる、自分で採って自分で食べる-

Home / コラム / 課税対象外?自家消費-自分で育てて自分で食べる、自分で採って自分で食べる-
課税対象外?自家消費-自分で育てて自分で食べる、自分で採って自分で食べる-

どんな記事?

・自家消費も売り上げとして、計上しなくてはいけない

・自家消費の売り上げは、商品の売値の7割もしくは仕入れ値のどちらか高い方

・知人などに無償でおすそ分けした場合も、売り上げとして計上しないといけない

・脱税にならないように、気をつける必要がある

 

 

(内容)

自家消費というのは、自分たちが作った商品を自分たちで消費することを言います。

例えば、農業を営んでいる人が自分で育てた野菜を出荷せずに自分で食べたり、飲食店を営んでいる人が余った食材を使い、自分の夕食を作ったりするケースなどが該当します。この場合、商品をお客に売っているわけではありませんが、売上として計上しないといけません。

 

ただし、自家消費した場合の売上は、商品の売値の7割もしくは仕入れ値のどちらか高い方と決められています。5,000円で仕入れて10,000円で売る商品を自家消費した場合、売値の7割の7,000円が売上となり、8,000円で仕入れて10,000円で売る商品を自家消費した場合なら8,000円が売上です。

 

そして、この売上の分には消費税がかかります。”自分で作ったものを自分で食べるのだから、売上ではない”と思われるかもしれませんが、実はそれは間違いなのです。商品として扱う物である以上、自分で消費しても売上として計上しなければなりません。

 

これは知人などにおすそ分け、つまり無償で譲渡した場合も同じです。これも自家消費の1つとして売上を計上しないといけません。納得いかないという面もあるかもしれませんが、税金の決まりとしてルールが作られています。

 

もし自家消費したからと言って売上を計上しないでいると、それは脱税になってしまいます。自家消費について勘違いしている人も多いかもしれないので、知らなかったといことで脱税してしまわないように気をつけましょう。

 

自分で商品を生産する農業に従事する人などは、特に自家消費が身近な存在のはずです。

自家消費についての正しい知識を身につけて、しっかり記録していくようにしましょう。

 

いざというときに困ることがないよう、自分で消費した分についても正確に売上として計上しておくことが必要です。自分で消費するものは商品ではないというイメージが強いかもしれませんが、商品として考えないといけないのです。

 

詳しくは、国税庁のウェブサイトを見てみましょう。